• 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
「サヨナラ」だけが人生だ
どうでもいいことばかり書いている自己満足のブログです。本人が楽しければそれでヨシ!!((最低 こんなのですけど、コメお気軽にw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
デスノートの6話『綻び』感想。
タイトル


最初から、夜神総一郎。冴えています。L大好きな
私には、今回すっごいのに口出してきた模擬の口を縫いたかった。(怖
そして、Lの待つホテルの一室のドアを開きます。

L

L 登 場
かっこよすぎだろ。お前。てか、声が男前すぎだと思います。
でも、その声・・・苦手だ。熱血っぽい。
もっと映画のように機械的に喋ってくれてもいいと思いません?
そのほうが好きだ。てか、松山ケンイチ大好きだ。
そんな、私の期待に答えてくれたのか、「バーン」
異常なくらいテンションが低かったです。映画と大違い。
L

頭かくシーンが好きだった。流石L。松田はすっごい驚いてた。
まぁ、あんなの(失礼)が出てきたらびびるよなぁ。

そしてLはキラについて、わかっている情報をペラペラ話します。
頭良すぎ。でも、ここは省略させてもらいます。
簡単に省略すると。Lとキラの共通点は『幼稚で負けず嫌い』な
とこなんですって。ああ~。納得。
あと(省略してない)真面目に書くと・・・・。
・殺すためには顔と名前が必要。
・死ぬ時間、死ぬ前の行動を操ることができる。   らしいです。
3

「正義は勝つということを」この言葉も挑発っぽい。

そして月サイドへ。こっちは本当に今回興味がなかったので、この画像で勘弁。
月すげぇ


最後のライトがかっこよかった。予告で「死に急げ!」とか・・・(笑)

・・・・今一時半だ。
スポンサーサイト
page top
デスノートのアニメ化!
知ってますか?まだ月しか登場してないのですが、スッゴイいい声です。
Lの声はどんなのでしょう・・・。楽しみです。
リュークの声は映画(実写)と同じのようです。
OPは、V系な感じの人々が歌っています。
なかなかいいです。イメージにぴったりです。デスノートの。
だけど、ちょっと不満なのが、Lがあまり出てない・・・。
月とリュークと・・・林檎?の出番が多すぎるんだよぉぉぉぉおおおぉぉ
林檎とかリュークよりLを出せ!(最低
で、ちょっと笑えたのが、松田がシリアス・・・な感じでOPに出てたのが笑えた(何故

あと、忘れてましたが・・・・・・・
宍戸さん&跡部 誕生日オメデトー!!
宍戸さん・・・遅くなってごめんなさい。
跡部!お前は一日送れだから許せ!(頼むから死ね
明後日は手塚ですね☆★☆

そして、今日髪をばっさり切りました。
って言ってもショートってわけではないんだけど・・・・。
page top
続き

そこでアレンは「自分はここにいちゃいけない」みたいなことを言う。
その夜になると、アレンの姿が見えない。ハイタカも帰ってこなぃ。
ドアからノックの音がした。テナーが開けるとそこには昼間のウサギがいた。
ウサギの親玉、通称 クモ はハイタカになにか恨み?みたぃなのを持っている様子。
そこでハイタカを呼び込むためにテナーをさらっていく。
場面変化。アレンは自分の『影』に怯えて、どこかへ逃げている。
影が見えてきて、アレンは必死に逃げる。(怯えるアレンも好k・・・(死
水辺に追い込まれるが、かまわず入っていく。んで、溺れる。
影がとどめを刺そうとすると、どこからか見ていたクモが出てきて、
アレンを お姫様抱っこ でつれていく。(まままま、マジで!!?
場面変化。クモの部屋でアレンは変な液体を飲まされ洗脳される。(クモ・・・殺・・)
場面変化。ハイタカがテルーにアレンの剣をわたしてクモの館へ。
クモのやかたに入ると、洗脳されたアレンがいた。んで、戦う。
だけど、アレンが説得されて、負け。でもクモの手下共がハイタカを捕らえる。(おじさまー!)
場面変化。テルーは心配になってクモの館まで一人で行こうとする。
途中で道が二つにわかれている。迷っていると、アレンらしき人影が。(影なんだけどね)
そのアトをついていくとクモの館へ到着。
影が自分のこと、そしてアレンの真の名をばらします。(なんだったか忘れた)
テルーはハイタカやテナーが囚われていることを知る。
アレンの部屋にテルー到着。そこでアレンを説得。(アレン好きだ
今までのボソボソな感じが嘘みたいに豹変。すっげぇ明るい性格に。
(こっちはこっちで可愛いけど、前の後ろ向きな方が好きよ)
そこで処刑されよぅとしてぃるハイタカ達を発見。ダッシュで行きます。
普通に考えて通れない道をスラスラ駆け上がる2人。(本当にすげぇ。
ハイタカの処刑には間に合います。そこにいた手下共は豹変したアレンがKO!(かっこよすぎ
テルーがハイタカにわたされた剣でアレンが
クモの腕をふきとばしたけど、再生。クモはテルーをさらって逃亡。
追うアレン。間に合って戦闘です。だけど、魔法で苦戦をしぃられる。
床、崩されて(落ちたら死ぬ)必死に登っているところで、テルー圧迫死。
かと思いきや、すぐに復活。っておおっと!目が赤い!
(テルーの秘められていた魔女の血?ががんばってくれたのでしょうか)
そこで一番最初の竜を召喚。クモを一瞬で焼き尽くします。(わぁお。
崩れ落ちる館。アレンはテルーの真の名を叫んで、竜を呼び出す。
無事に出てくる4人(アレン テルー ハイタカ テナー)。
アレンはこれから国に帰って王様(父)を殺した罪を償うんですって。

ED

ps:今になってわかりましたがアレンの真の名は レバンネン です




あれん

アレン王子
page top
昨日さぼりました。すぃません。
昨日の日記から行きます。
昨日は友達と『ゲド戦記』を見てきました。
お、おおおお面白かった・・・・っ!さすがジブリ。
・・・ちょっと迫力にかけたが・・・まぁ、許す

最初はなんか嵐の海に竜が降臨します。
んで、不思議なオッサンが出てきて、その場は終了。
(この場面、なかなかの迫力)
次に王宮の様なトコに場面変化。そこで王様が何者かに
刺されて何者かが王様の剣?を奪って逃走
場面変化。最初に出てきたオッサンが出てきます。
そこで狼に襲われている少年を発見。(もしやこの人は・・・)
この少年はさっき出てきた王様を刺したやつ(王子)みたぃです。
少年は狼に立ち向かおうとしているが、剣が鞘からぬけない。
そこで諦める。「お前達が僕の死か・・・」(諦め早いな、でも顔かっこよぃ)
オッサン、魔法で少年を助ける。少年倒れる。
(もしやこの少年は俺の期待してぃたアレンとぃう少年なのでわ・・・・)
少年起きる。アレンと名乗る。(やっぱりアレンでした)
アレンをお供にする。とある町につく。(でかぃです)
そこで、人間が売られているということを知るアレン。
買い物をすましてオッサン(名前はハイタカでした)と別行動に。
そこで無理やり売られようとしてぃる、顔に火傷のアトがぁる少女を発見。(もしや・・・)
アレンも見つかるが、異常なくらい豹変した態度で相手をKO!(超かっこよぃ)
助けた少女は礼も言わず逃走。(なんだコイツせっかくアレンが助けてやったってのに)
夕方になりぼーっとしていると後ろから、さっき倒したやつらがアレンをいきなり襲い、気を失う。(わー!アレンが可愛いからっていきなりそれはなぃだろ・・・(死))
アレンが気がつくと、町に来てすぐに見た、人間を売る車?に乗せられて首輪・・・鎖・・・をつけられてました。(何、その間)
諦めが早い王子。すぐに諦めます。(そこの鎖をガチャガチャやるシーンがすき)
けど、いきなり車が光に包まれ、ハイタカ登場!!
(まってましたぁぁぁぁ!!!おじさま!!!好きです!!!)
さっとアレンを持って帰ります。(かっこよすぎ・・・っ!)
アレンの治療のため、知り合いの女性、テナーの家に泊めてもらうことにします。
そこで偶然、昼間助けた少女がいます。名前はテルー。
次の日アレンが目を覚ます(寝癖が可愛い)(服がボロ②だからって隠すとこも可愛い)
そこで、次々と異常なくらいアレンを避けるテルー。
「命を大事にしないやつなんて大嫌いだ!!」
過去に虐待を受け両親に捨てられた過去を持つ。
ハイタカが出かけている最中。ウサギが乗り込んできます。
そこで「ハイタカを出せ!」というがハイタカはお出かけ㊥。
ウサギには帰ってもらいます。
場面変化。テルーはこの世界の均衡(バランス)が崩れて、人の頭が変になってぃることを思い出す。
アレンもその症状の一人と理解し、態度をぁっさり変えてアレンと親しくなります。
(テルーがむかつく。そこでのテルーの唄がなかったら殺すとこだった)
そこでアレンは「自分はここにいちゃいけない」みたいなことを言う。

あまりに長すぎるので、いったん終了。
次に書く。
page top
Copyright © 2005 「サヨナラ」だけが人生だ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。